Nanako Nakajima, Ph.D, was born and raised in Tokyo. She is a certified traditional Japanese dance(odori)master, a visiting scholar at Tisch School NYU 06. She submitted her Ph.D. dissertation entitled as the Aging Body in Dance at Freie Universität Berlin. Since 2011, she had been a Postdoctoral Research Fellow of the Japan Society for the Promotion of Science, Saitama University. She is appointed to be a Valeska-Gert Visiting Professor 2019/20, Freie Universität Berlin.

Her publications include The Aging Body in Dance (co-edit. by Gabriele Brandstetter, Routledge, 2017), and Oi to Odori (Aging plus Dancing (co-edit. by Kikuko Toyama, Keiso Shobo, 2019.)She has worked as a dance dramaturg with NY downtown artists and Nanako’s dramaturgical work with luciana achugar, ‘Exhausting Love at Danspace Project’, was awarded 06-07 New York Dance and Performance Awards (‘The Bessies’). Nanako received 2017 Special Commendation of Elliott Hayes Award for Outstanding Achievement in Dramaturgy from the Literary Manager and Dramaturgs of the Americas. Her next dramaturgical work with Pichet Klunchun and Wu-Kang Cheng will be premiered at the National Performing Arts Center in Taipei, in August 2020. 

contact:

中島那奈子 

ダンス研究者、ダンスドラマトゥルク。博士(舞踊学)。ベルリン自由大学に提出した論文the Aging Body in Danceで博士号を取得後、日本学術振興会特別研究員(PD)として埼玉大学に赴任、ベルリン自由大学国際パフォーマンス研究センターInterweaving Performane Culturesリサーチ・フェローを経て、各地の大学で教鞭をとりながらドラマトゥルクとして国内外で活躍する。ニューヨークダウンタウンダンスの振付家ルチアナ・アーギュラーとの作品 Exhausting Love at Danspace Project は2006/07年ニューヨーク・ベッシー賞を受賞、2017年には北米ドラマトゥルク協会からエリオットヘイズ賞特別賞を受ける。日本舞踊宗家藤間流師範。老いと踊りの研究を実践と並行して進め、近年のプロジェクトに「イヴォンヌ・レイナーを巡るパフォーマティヴ・エクシビジョン」(京都・春秋座2017)、老いた革命バレエダンサーの新作(演出・振付メンファン・ワン、烏鎮演劇祭2019)などがある。編著に、The Aging Body in Dance (co-edit. by Gabriele Brandstetter, Routledge, 2017)、『老いと踊り』(共編外山紀久子、勁草書房、2019年)。ベルリン自由大学ヴァレスカ・ゲルト記念招聘教授2019/20に着任し「ダンスアーカイブボックスベルリン」をベルリン芸術アカデミーで発表。タイの振付家ピチェ・クランチェン、台湾のウーカン・チェンとのラマーヤナをめぐる新作ドラマトゥルギーは、2020年8月台北ナショナル・パフォーミング・アーツ・センターで上演予定。

連絡先:

ⓒ Kanno Kento